スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東証大引け

日経平均     10,356.83 +191.62 (+1.89%)
日経平均先物   10,370.00 +170.00 (+1.67%)
TOPIX        950.26 +13.32 (+1.42%)
JASDAQ平均    1,211.97 +3.01 (+0.25%)
マザーズ指数    463.39 -1.34 (-0.29%)
ヘラクレス指数   626.51 +2.09 (+0.33%)

米ドル円  95.25  ユーロ円  134.52
スポンサーサイト

東証前引け

日経平均     10,304.90 +139.69 (+1.37%)
日経平均先物   10,310.00 +110.00 (+1.08%)
TOPIX         947.20 +10.26 (+1.10%)
JASDAQ平均     1,211.43 +2.47 (+0.20%)
マザーズ指数     467.61 +2.88 (+0.62%)
ヘラクレス指数    627.55 +3.13 (+0.50%)

米ドル円  95.34  ユーロ円  134.56

SGX

SGXの日経平均先物9月物は10315円で寄付。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り2560万株、買い3160万株で、差し引き600万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。

きょうの強弱材料

<強材料>

・NYダウ、年初来高値更新
・SOX指数、反発
・NY債券市場、3日続伸(10年債利回り0.05%下落)
・NY金相場、3日ぶり反発
・欧州株、続伸
・LMEニッケル先物、大幅反発
・DRAMスポット、3日続伸
・日経平均、6月12日以来の年初来高値更新
・ソニーの4-6月期営業赤字額、直前四半期比で大幅減少
・7月第4週の外国人、5月第1週以来の大幅な買越額
・東証マザーズ指数、6日以来の年初来高値更新

<弱材料>


・バルチック海運指数、4日ぶり反落
・REIT指数、7日続落
・長期金利、3日ぶり反発(10年債利回り0.025%上昇)
・6月の建機出荷額、輸出の減少幅が過去最大


留意事項


・NYドル円相場(95円56銭-58銭)
・NY原油先物、大幅反発(1バレル=66.94ドル)
・6月の完全失業率
・6月の有効求人倍率
・消費者物価指数
・6月の家計調査
・6月の住宅着工件数
・6月の建設工事受注
・日銀金融政策決定会合議事録
・決算---三菱商、三菱UFJ、みずほ、大和証、菱地所
・6月のユーロ圏失業率
・7月のユーロ圏消費者物価指数
・4-6月期米GDP速報値
・7月の米シカゴ購買部協会景気指数

キユーピー(2809)

10年3月期第1四半期連結純利益は前年同期比20%増。

つゆやたれなどしょうゆ関連調味料が伸長。

第2四半期予想の会社計画に対し、計画収益の上ブレも期待できそう。

調味料関連は

ブルドックソース(2804)、ヱスビー食品(2805)、キユーピー(2809)、ハウス食品(2810)、カゴメ(2811)、エバラ食品工業(2819)など。

自社株買い

自社株買いをきのう発表した。

ケア21(2373)、KG情報(2408)、ウェッズ(7551)、SHOEI(7839)、千趣会(8165)、カプコン(9697)。

きょうの予定

・6月の全国・7月の都区部消費者物価指数(CPI、総務省、8:30)
・6月の家計調査(総務省、8:30)
・6月の完全失業率(総務省、8:30)
・6月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
・日銀金融政策決定会合議事録〔1999年1~6月分〕(8:50)
・6月の住宅着工件数・建設工事受注(国交省、14:00)
・自民党、政権公約発表記者会見(17:00)
・7月の為替介入実績(財務省、19:00)
・4~6月期決算=雪印、宝HLD、双日、味の素、日清食HD、王子紙、住友化、東ソー、三井化学、三菱ケミHD、武田、大日本住友、エーザイ、第一三共、富士フイルム、TOTO、豊田織、住重、セガサミー、NTN、OKI、キーエンス、デンソー、カシオ、日東電、三菱重、川重、アイシン、富士重、HOYA、リコー、ヤマハ、伊藤忠、豊田通商、東エレク、三菱商、ユニチャーム、あおぞら銀、三菱UFJ、りそなHD、中央三井、みずほ信、みずほFG、大和証券G、みずほ証、三菱地所、東急不、東武、日通、ANA、三菱倉、東電、中部電、Jパワー、NTTデータ
・1~6月期決算=サッポロHD、アサヒ、昭和シェル
・4~6月期の米実質国内総生産(GDP、速報値)
・4~6月期の米雇用コスト指数
・7月の米シカゴ購買部協会景気指数
・7月のユーロ圏の消費者物価(速報)
・6月のユーロ圏の失業率
・海外4~6月期決算=シェブロン

株価材料

▽30日の米ダウ工業株30種平均は反発 昨年11月以来の高値
▽ニューヨーク外国為替市場で円相場は1ドル=95円半ばに下落
▽米原油先物相場は大幅反発 WTI9月物は1バレル=66.94ドル
▽イオンとセブン&アイ、PB商品の原料を自前で調達(日経)
▽ナイロン樹脂など石化製品値上げへ、国産ナフサ上昇(日経)
▽ソニーやシャープの4~6月期、営業赤字幅縮小 薄型テレビ回復(各紙)
▽三井住友FGの4~6月期、黒字に回復 国債売買益が増加(各紙)
▽任天堂の4~6月期、連結純利益61%減 「Wii」大型ソフト不在(各紙)
▽ブリヂストン、新素材の半導体ウエハーを2010年から量産(日経)
▽東ガス、豪州でLNG権益取得 計300億円を負担(各紙)
▽9月の電気、ガス料金下げ LNG、石炭価格下落で(各紙)
▽日精工、中国で精密駆動部品の工場を新設(日経)
▽コクヨ、知育玩具を欧、豪で販売 現地社にOEM供給(日経)
▽富士ソフトの子会社、カナダの電子機器制御設計ソフト大手を買収へ(日経)
▽オリンパスの4~6月期、連結最終損益は20億円の黒字に(日経)
▽京セラの4~6月期、連結最終赤字4億6000万円 電子機器向け回復(日経)
▽三井不の4~6月期、連結純利益2.5倍 マンション事業寄与(日経)
▽資生堂の4~6月期、連結純利益58%減 4~9月期予想を下方修正(日経)
▽エプソンの4~6月期、連結最終赤字223億円 プリンター低迷(日経)
▽昭電工、09年12月期の連結最終赤字465億円に下方修正(日経)
▽JTの4~6月期、連結純利益2.5倍 海外事業が堅調(日経)
▽NTTドコモの4~6月期、連結純利益15%減(各紙)
▽ソフトバンクの4~6月期、連結純利益41%増(各紙)
▽ヤマトHDの4~6月期、連結純利益3.6倍(日経)
▽新日鉱HDの4~6月期、連結純利益5割減(日経)
▽放送倫理検証委員会、日テレに検証番組を勧告 バンキシャ虚偽証言問題で(各紙)

東証大引け

日経平均    10,165.21 +51.97 (+0.51%)
日経平均先物  10,200.00 +90.00 (+0.89%)
TOPIX        936.94 +6.58 (+0.71%)
JASDAQ平均    1,208.96 -0.22 (-0.02%)
マザーズ指数    464.73 +9.06 (+1.99%)
ヘラクレス指数   624.42 +7.78 (+1.26%)


米ドル円  95.09  ユーロ円  133.79

SGX

SGXの日経平均先物9月物は10145円で寄付。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り2710万株、買い1890万株で、差し引き820万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。

きょうの強弱材料

<強材料>

・NY債券市場、2日続伸(10年債利回り0.02%下落)
・欧州株、反発
・バルチック海運指数、3日続伸
・DRAMスポット、2日続伸
・日経平均、反発
・長期金利、2日続落(10年債利回り0.020%下落)
・信用評価損益率、2週連続で改善
・ホンダ、今期業績予想を上方修正

<弱材料>


・NYダウ、2日続落
・米ヤフー株、MSとの提携条件受け大幅安
・SOX指数、3日ぶり反落
・NY金相場、2日続落
・LMEニッケル先物、2日続落
・REIT指数、6日続落
・NY原油先物、大幅続落(1バレル=63.35ドル)
・上海株急落

留意事項

・NYドル円相場(95円06銭-08銭)
・NZ中銀、政策金利2.5%据置
・裁定買い残、2週連続で増加
・法制審民法部会の最終報告、「成人18歳」
・鳩山民主代表、「海自の給油活動延長せず」
・6月の鉱工業生産
・6月の自動車生産
・決算発表---信越化、シャープ、ソニー、任天堂、住商、三井不
・7月の独失業率
・7月のユーロ圏消費者信頼感指数
・米国決算---モトローラ、エクソンモービル、マスターカード

北越製紙(3865)

10年3月期第2四半期連結純利益予想の会社計画は14億円から20億円へと増額修正。

印刷・情報用紙関連は 日本製紙(3893)、王子製紙(3861)、大王製紙(3880)、三菱製紙(3864)。

自社株買い

自社株買いをきのう発表。

トムス・エンタテインメント(3585)、スタンレー電気(6923)、エンプラス(6961)。

きょうの予定

・6月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
・対外・対内証券売買契約〔週間、指定報告機関ベース〕(財務省、8:50)
・2年物国債〔8月債〕入札(10:30)
・6月と1~6月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
・浜野内閣府次官会見(14:00)
・6月の中小企業景況調査(日本公庫、14:00)
・野田日銀審議委員が長野県松本市で講演、記者会見
・4~6月期決算=日清粉G、キッコマン、JT、野村不HD、イビデン、信越化、積水化、田辺三菱、テルモ、フジHD、資生堂、新日鉱HD、ガイシ、住金、神戸鋼、オークマ、日精工、三菱電、オムロン、NEC、富士通、エプソン、シャープ、ソニー、三洋電、京セラ、三井造、三菱自、マツダ、丸紅、住商、新生銀、三井住友FG、住友信、武富士、アコム、プロミス、三井不、小田急、京王、阪急阪神、ヤマトHD、日テレ、NTTドコモ、関西電、東ガス、ソフトバンク
・1~6月期決算=JCOM、昭電工
・米7年物国債入札
・米新規失業保険申請件数(週間)
・海外4~6月期決算=エクソンモービル、ダウ・ケミカル、マスターカード、モトローラ、トラベラーズ、ウォルト・ディズニー、ルノー、ロレアル、フォルクスワーゲン、ロイヤル・ダッチ・シェル、TSMC、奇美電子

株価材料

▽米国株、原油安や中国株安を受けダウ続落
▽ホンダと日産自、4~6月期の営業損益が黒字転換 新興国の販売回復、業績底入れ基調(各紙)
▽石油資源、イラク参入狙う 東バグダッド油田開発で同国政府と交渉(日経)
▽野村の4~6月期、6四半期ぶりに最終黒字 市場取引部門が改善(各紙)
▽損保ジャパンと日本興亜、コスト削減などで統合効果「300億円」 2012年度目標(各紙)
▽サムスン重工、シェルから大型受注 LNG洋上プラント、最大4.7兆円(日経)
▽米耐久財受注、6月は2.5%減(日経)
▽郵船、ブラジル資源大手ヴァーレと鉄鉱石の長期輸送で契約(日経)
▽テレビ用液晶パネルの大口需要家向け価格、7カ月ぶり高値(日経)
▽アルセロール・ミタルの4~6月期は最終赤字740億円 鉄鋼出荷4割減(日経)
▽住友商、東京・神田で再開発 高層ビルなど6~10件、今後10年で1000億円投資(日経)
▽資生堂、アフリカに進出(日経)
▽NTTコミュニケーションズ、インド国営通信と提携(日経)
▽ジェイテクト、車用軸受けの米社事業買収を発表 12工場、3開発拠点(各紙)
▽東芝の4~6月期営業赤字375億円、「上期は営業黒字目指す」(各紙)
▽富士フイルムの4~6月期、税引き前損益20億円の黒字 液晶フィルムが貢献(日経)
▽ユニチャームの4~6月期、経常益3割増 アジア・中東の販売拡大(日経)
▽村田製の10年3月期、最終損益が一転して10億円の黒字に 電子部品受注が急回復(日経)
▽JR3社の4~6月期、そろって減収減益に 新型インフルなど影響(各紙)
▽王子紙の4~6月期営業益、前期並みの100億円(日経)
▽三菱倉の4~6月期、経常益3割減に 国際運送が低迷(日経)
▽アドテストの4~6月期、最終赤字37億円に 1~3月期比で改善(日経)
▽ファナックの4~6月期、純利益85%減 産業用ロボット不振(日経)
▽住友鉱の4~6月期、最終黒字66億円(日経)
▽グリー、初の配当 前期5円(日経)
▽ホンダ車、エアバッグ欠陥で死傷 米で事故7件(各紙)

東証大引け

日経平均    10,113.24 +25.98 (+0.26%)
日経平均先物  10,110.00 +30.00 (+0.30%)
TOPIX        930.36 +0.23 (+0.02%)
JASDAQ平均    1,209.18 -1.42 (-0.12%)
マザーズ指数    455.67 +4.62 (+1.02%)
ヘラクレス指数   616.64 +2.00 (+0.33%)

米ドル円  94.20  ユーロ円  133.29

東証前引け

日経平均    10,104.91 +17.65 (+0.17%)
日経平均先物  10,100.00 +20.00 (+0.20%)
TOPIX        930.17 +0.04 (0%)
JASDAQ平均    1,208.63 -1.97 (-0.16%)
マザーズ指数    455.73 +4.68 (+1.04%)
ヘラクレス指数   615.46 +0.82 (+0.13%)

米ドル円  94.43  ユーロ円  133.97

SGX

SGXの日経平均先物9月物は10025円で寄付。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り2990万株、買い1640万株で、差し引き1350万株の大幅売り越し。売り越しは12営業日ぶり。

きょうの強弱材料

<強材料>

・5月の米ケースシラー住宅指数、約3年ぶりに前月比プラス
・SOX指数、2日続伸
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.04%下落)
・バルチック海運指数、2日続伸
・DRAMスポット、上昇
・長期金利、反落(10年債利回り0.005%下落)

<弱材料>


・NYダウ、小幅反落
・7月の米消費者信頼感指数、コンセンサスから下振れ
・ドイツ銀株、決算受け大幅安
・NY金相場、反落
・欧州株、反落
・LMEニッケル先物、5日ぶり反落
・REIT指数、5日続落

留意事項


・NYドル円相場(94円50銭-60銭)
・NY原油先物、4日ぶり反落(1バレル=67.23ドル)
・信用買い残、2週連続で減少
・自民党、マニフェストに消費増税明記へ
・決算発表---新日鉄、東芝、アドテスト、日産自、ホンダ、野村
・7月の独消費者物価指数
・6月の米耐久財受注
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)

日本車輌製造(7102)


10年3月期通期連結業績予想の会社計画を期初から増額修正。
営業利益39億円⇒45億円、前年同期比27%増、
経常利益35億円⇒41億円、同29%増、
純利益18億円⇒22億円、37%増。

海外向け鉄道車両事業の関連は日立製作所(6501)、近畿車輛(7122)。

自社株買い

自社株買いをきのう発表した。

JFE商事ホールディングス(3332)、日野自動車(7205)、豊田通商(8015)。

きょうの予定

・6月の商業販売統計速報(経産省、8:50)
・3カ月物国庫短期証券〔43回債〕入札(10:20)
・7月の中小企業景況調査(日本公庫、14:00)
・全国財務局長会議
・4~6月期決算=北越紙、協和キリン、新日石、新日鉄、住友鉱、住友電、住生活G、東芝、NECエレ、アドテスト、スタンレー、ファナック、村田製、日産自、ホンダ、オリコ、野村、JR西日本、JR東海
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・米5年物国債入札
・6月の米耐久財受注額
・米エネルギー省の石油在庫統計(週間)
・海外4~6月期決算=ビザ、タイムワーナー、コノコフィリップス、ダイムラー、サノフィ・アベンティス、アルセロール・ミタル、台湾UMC

株価材料

▽米国株、ダウ平均は小反落 消費者信頼感の悪化を嫌気 ナスダックは続伸
▽政府、希少金属確保へ円借款 アフリカや南米の鉱山周辺(日経)
▽アサヒやキリンHD、第三のビール一斉に増産へ(日経)
▽自民政権公約、景気回復後に消費増税(日経)
▽経産省、「植物工場」普及後押し 全国に研究拠点 来月にも認定(日経)
▽政投銀と野村が運営 不動産投資信託(REIT)支援の官民ファンド(日経)
▽5月のS&Pケース・シラー住宅価格指数、前年同月比16.8%下落(日経、東京)
▽2008年の空き家率、最高の13.1% 地方中心に増加、総務省調査(日経、毎日)
▽損保ジャパンと日本興亜、統合比率1対0.9に きょう概要発表(日経)
▽SBIなどネット証券大手の4~6月期減収減益 売買が低迷(日経)
▽三井金と古河電、高機能素材の増産へ動く 携帯薄型化で銅はく需要増(日経)
▽キヤノン、09年12月期は減益幅が縮小 経費減で営業益62%減に(各紙)
▽神戸鋼、伸銅品で停止工場を再開 需要増で減産緩和(日経)
▽トヨタ、世界販売26%減 上期356万台、首位は維持(各紙)
▽ホンダ、米の2輪車生産終了(日経)
▽キタムラ、デジタル一眼レンタル事業に参入 9月から(日経)
▽サムスン、船井電に液晶パネル供給(日経)
▽エムスリー、医師向け米サイト買収(日経)
▽日産、英工場で新型ガソリンエンジン生産(日経)
▽東ガス、二酸化炭素(CO2)削減支援に進出 エネルギー関連設備の運転を受託(日経)
▽コマツの4~6月期、純利益47億円 中国需要に底入れの兆し(日経)
▽ヤフーの4~6月期、経常益5%増 広告事業は減収(日経、産経)
▽日野自の4~6月期、218億円の最終赤字 商用車落ち込む(日経)
▽パナ電工の4~6月期、最終赤字67億円 建築関連不振(日経)
▽シマノの1~6月期、純利益48%減 北米や欧州が不振(日経)
▽NSW、10年3月期は2億円程度の最終赤字のもよう 製造業向けソフトウエア開発が減少(日経)
▽ナフサ急反発、15%高 スポット価格、中国の石化需要拡大(日経)〔

東証大引け

日経平均     10,087.26 -1.40 (-0.01%)
TOPIX        930.13 +1.87 (+0.20%)
JASDAQ平均    1,210.60 -0.42 (-0.03%)
マザーズ指数    451.05 -4.83 (-1.06%)
ヘラクレス指数   614.64 -2.57 (-0.42%)

米ドル円  95.15  ユーロ円  135.76

東証前引け

日経平均     10,062.88 -25.78 (-0.26%)
日経平均先物   10,080.00 0 (0%)
TOPIX        927.76 -0.50 (-0.05%)
JASDAQ平均    1,210.07 -0.95 (-0.08%)
マザーズ指数    452.06 -3.82 (-0.84%)
ヘラクレス指数   613.20 -4.01 (-0.65%)

米ドル円  94.95  ユーロ円  135.12

SGX

SGXの日経平均先物9月物は10110円で寄付。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り2950万株、買い3020万株で、差し引き70万株の小幅買い越し。買い越しは11営業日連続。

フリーエリア

クリックで救える命がある。

プロフィール

サラ

Author:サラ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
QRコード
QR
リンク
* わけありお買い得品
* 現金1万円プレゼント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入り
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンクリックブログランキング

  • seo

  • SEO
  • loading
  • サラトニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。