スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り1460万株、買い1330万株で、差し引き130万株の売り越し。売り越しは8営業日ぶり。

きょうの強弱材料

強材料

・NYドル円相場、円安進行(92円05銭-07銭)
・バルチック海運指数、7日続伸
・DRAMスポット、4日ぶり反発
・日経平均、小幅反発
・東証REIT指数、3日ぶり反発
・長期金利、7日ぶり反落(10年債利回り0.005%下落)


弱材料
・NYダウ、反落
・SOX指数、大幅反落
・NY金相場、2日続落
・NY債券市場、3日続落(10年債利回り0.07%上昇)
・LMEニッケル先物、2日続落

留意事項
・NY原油先物、2日続落(1バレル=80.50ドル)
・欧州株、高安まちまち
・日航再建問題、支援機構活用で最終調整へ
・北京-上海間の高速鉄道、川重系が車両受注観測
・普天間移設問題、辺野古案容認方針
・参院2補選、民主が2勝
・臨時国会召集(11月30日まで)
・鳩山首相、所信表明演説
・決算---信越化、JFE、日電産
・香港市場休場
・EU外相会合(ルクセンブルク、27日まで)

きょうの予定

・御手洗経団連会長会見(15:30)
・臨時国会召集、鳩山首相が所信表明演説
・4~9月期決算=信越化、日電硝、JFE、日電産、松井、岩井証券
・香港市場が休場
・米5年物インフレ連動国債入札(銘柄統合)

株価材料

▽米国株、ダウ109ドル安 利益確定、原油安で
▽NY円、4日続落 一時9月21日以来の安値
▽北京~上海間の高速鉄道、川重系車両を採用 11年にも走行(日経)
▽ホンダ、二輪車生産をインドネシアで2割増強(日経)
▽日銀、日本経済の潜在成長率「1%以下」に下方修正へ(朝日)
(以上26日)
▽JAL、支援機構活用で再建 週内にも表明 年金大幅削減へ、公的資金注入も検討(各社)
▽ニッセイ同和、7~9月期にJAL株評価損30億円(読売)
▽村田製作所の今期、設備投資50億円を上積み(日経)
▽スズキのインド子会社、7~9月期の純利益が倍増(日経)
(以上25日)
▽東芝・三菱重・日立、小型原子炉に参入(日経)
▽日生がりそなに500億円を出資 銀行窓販拡大狙う(各紙)
▽大和がネット銀(日経)
▽トヨタ、住宅事業をトヨタホームに集約 来年10月(各紙)
▽富士通、パソコン仕様を世界で共通化 製造コストを2割削減(日経)
▽富士重の4~9月期、連結最終赤字220億円に縮小(日経)
▽日通、出資比率下げ 日本郵政との宅配会社(各紙)
▽ホンダ子会社、太陽電池工場が来年フル稼働(日経)
▽KDDI、通信施設4割削減 固定費を圧縮(日経)
▽三井物の4~9月期、純利益67%減 住友商も63%減に(日経)
▽住友化の4~9月期、営業黒字を確保 100億円超、液晶材料伸びる(日経)
▽アマダの10年3月期、7期ぶり経常赤字50億円(日経)
▽三菱倉など倉庫各社の4~9月期、軒並み減収減益に 物流事業で荷動き低迷(日経)
▽日触媒の10年3月期、最終黒字82億円に拡大(日経)
▽ワタミの4~9月期、経常益21億円 計画上回る(日経)
▽三菱重、4~9月期は31億円の最終赤字(日経)
▽コニカミノルの今期、連結純利益34%減の100億円(日経)
▽KDDIの4~9月期純利益4%減(日経)
▽千代建の今期純利益69%減 年3円に減配(日経)
▽DICの4~9月期純利益、一転黒字(日経)
▽三洋電の4~9月期最終赤字370億円に悪化(日経)
▽豊田織の4~9月期最終黒字2億円に(日経)
▽日銀、CP買い切り年内終了 月内にも決定(読売)
▽鹿島、砂利を不正転用 羽田新滑走路建設、詐欺容疑で立件視野(産経)
(以上24日)

東証大引け

日経平均 10,282.99 +15.82 (+0.15%)
日経平均先物 10,290.00 +20.00 (+0.19%)
TOPIX 902.03 -6.57 (-0.72%)
JASDAQ平均 1,225.87 +2.14 (+0.17%)
マザーズ指数 448.62 +4.94 (+1.11%)
ヘラクレス指数 592.51 +5.86 (+1.00%)

米ドル円  91.66   ユーロ円  137.57

東証前引け

日経平均 10,330.43 +63.26 (+0.62%)
日経平均先物 10,340.00 +70.00 (+0.68%)
TOPIX 909.46 +0.86 (+0.09%)
JASDAQ平均 1,226.22 +2.49 (+0.20%)
マザーズ指数 449.40 +5.72 (+1.29%)
ヘラクレス指数 590.75 +4.10 (+0.70%)

米ドル円  91.59  ユーロ円  137.69

SGX

SGXの日経平均先物12月物は10365円で寄り付いた。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り1550万株、買い2060万株で、差し引き510万株の買い越し。買い越しは7営業日連続。

きょうの強弱材料

強材料

・NYダウ、大幅反発
・米アマゾン株、好決算受け時間外で大幅高
・SOX指数、3日ぶり反発
・バルチック海運指数、約2カ月半ぶりに3000回復
・10月第2週の外国人、3週連続で買い越し
・キヤノンの7-9月期営業利益、前四半期比3割増観測

弱材料
・NY金相場、5日ぶり反落
・NY債券市場、2日続落(10年債利回り0.04%上昇)
・欧州株、反落
・LMEニッケル先物、反落
・DRAMスポット、3日続落
・日経平均、2日続落
・東証REIT指数、大幅続落
・長期金利、6日続伸(10年債利回り0.010%上昇)

留意事項
・NYドル円相場行(91円33銭-35銭)
・NY原油先物、小幅反落(1バレル=81.19ドル)
・JR西の歴代3社長、検察審査会が「起訴相当」
・普天間移設問題、政府が年内に新候補地策定方針
・DWTI、ジャスダックNEO上場
・10月の独IFO景況感指数
・7-9月期の英GDP速報値
・8月のユーロ圏鉱工業受注
・9月の米中古住宅販売件数
・バーナンキ米FRB議長講演
・米国決算---マイクロソフト
・東京モーターショー(幕張メッセ、11月4日まで)

きょうの予定

・谷垣自民党総裁が講演(12:00)
・亀井郵政・金融担当相が講演(12:35)
・家計の金融行動に関する世論調査(金融広報中央委員会、14:00)
・閣議
・ジャスダック上場=デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
・4~9月期決算=野村総研、松井、KDDI
・ASEAN首脳会議(タイ中部フアヒン)
・9月の米中古住宅販売件数
・バーナンキFRB議長講演
・コーンFRB副議長がパネル討議に参加
・10月の独Ifo企業景況感指数
・7~9月期の英実質国内総生産(GDP)
・海外7~9月期決算=マイクロソフト、ハネウエル

株価材料

▽米ダウ工業株30種平均は大幅反発 7~9月期決算を好感
▽ニューヨーク外国為替市場で円相場は続落 1ドル=91円25~35銭
▽JAL再建、2000億円規模のつなぎ融資を政府保証(各紙)
▽三井化学や日触媒、石油を使わない樹脂を量産(日経)
▽日本興亜、自動車保険金の支払い先送りで行政処分へ(各紙)
▽新日鉄とJFE、4~9月期の経常赤字幅縮小(日経)
▽JR西日本、脱線事故で歴代社長3人が起訴相当の議決(各紙)
▽12月の電力、ガス料金引き上げ(日経)
▽9月の全国スーパー売上高2.4%減 10カ月連続前年割れ(各紙)
▽独ボッシュとデンソー、環境車向け部品の開発体制強化(日経)
▽韓国のベンチャー企業、低価格の電気自動車を日本で発売(各紙)
▽三菱電、宇宙貨物輸送機の誘導接近システムを受注(各紙)
▽シャープ、世界最高効率の太陽電池を開発(各紙)
▽伊藤忠、ユニーへの出資発表(各紙)
▽9月のエチレン生産量、前年同月比19%増 中国向け好調(各紙)
▽キヤノンの7~9月期、連結営業利益は600億円程度に 一眼レフ好調(日経)
▽三菱自の4~9月期、連結営業赤字300億円前後の公算 従来予想より赤字幅縮小(日経)
▽HOYAの7~9月期、連結営業利益が4~6月期比6割増のもよう(日経)
▽ハウスの4~9月期、連結純利益17%増に上方修正(日経)
▽ユニチャームの2010年3月期、連結純利益28%増に 原材料費低減(日経)
▽トレンド、09年12月期の連結営業利益9%減に(日経)
▽川重の4~9月期、連結経常損益は12億円の赤字 従来予想は80億円の赤字(日経)
▽東エレクの4~9月期、連結最終損益は161億円の赤字 従来予想は260億円の赤字(日経)
▽宇部興の4~9月期、連結最終損益は1億円の赤字 従来予想は45億円の赤字(日経)
▽三井造の4~9月期、連結純利益は95億円に 従来予想を45億円上回る(日経)

東証大引け

日経平均 10,267.17 -66.22 (-0.64%)
日経平均先物 10,270.00 -60.00 (-0.58%)
TOPIX 908.60 -5.10 (-0.56%)
JASDAQ平均 1,223.73 +0.29 (+0.02%)
マザーズ指数 443.68 -1.61 (-0.36%)
ヘラクレス指数 586.65 +0.31 (+0.05%)


米ドル円  91.38  ユーロ円  136.93

東証前引け

日経平均 10,210.78 -122.61 (-1.19%)
日経平均先物 10,220.00 -110.00 (-1.06%)
TOPIX 901.68 -12.02 (-1.32%)
JASDAQ平均 1,220.53 -2.91 (-0.24%)
マザーズ指数 442.12 -3.17 (-0.71%)
ヘラクレス指数 584.85 -1.49 (-0.25%)

米ドル円  90.95  ユーロ円  136.53

SGX

SGXの日経平均先物12月物は10245円で寄り付いた。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り2340万株、買い2360万株で、差し引き20万株の小幅買い越し。買い越しは6営業日連続。

きょうの強弱材料

強材料

・NYドル円相場、円安進行(90円96銭-98銭)
・NY金相場、4日続伸
・欧州株、反発
・LMEニッケル先物、大幅反発
・バルチック海運指数、5日続伸
・ホンダ、上期営業黒字確保観測
・東芝、上期営業黒字転換観測

弱材料
・NYダウ、金融株安で1万ドル割れ
・SOX指数、2日続落
・NY債券市場、4日ぶり反落(10年債利回り0.04%上昇)
・DRAMスポット、2日続落
・日経平均、小幅反落
・東証REIT指数、3日ぶり反落
・長期金利、5日続伸(10年債利回り0.010%上昇)
・信用評価損益率、2週ぶり悪化

留意事項

・NY原油先物、反発(1バレル=81.37ドル)
・裁定買い残、3週ぶり増加
・日航、今期5000億円の赤字観測
・普天間移設問題、米国防長官が大統領訪日までの決着要求観測
・日本郵政の全取締役、亀井郵政改革相が一新方針
・PKO5原則、岡田外相が緩和検討へ
・「ウインドウズ7」一般発売
・9月の貿易統計
・9月のスーパー売上高
・7-9月期の中国GDP
・1-9月の中国都市部固定資産投資
・9月の中国小売売上高
・9月の中国CPI
・9月の中国PPI
・9月の中国鉱工業生産
・9月の英小売売上高
・9月の米景気先行指数
・8月の米FHFA住宅価格指数
・海外決算---アマゾン、AMEX

きょうの予定

・9月の貿易統計(財務省、8:50)
・対外・対内証券売買契約〔週間、指定報告機関ベース〕(財務省、8:50)
・日銀営業毎旬報告(10:00)
・9月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
・7~9月期の全国中小企業動向調査(日本公庫、14:00)
・広島県知事選告示
・政府税制調査会
・野田財務副大臣会見
・マイクロソフト(MS)、パソコン用新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」を世界で発売
・4~9月期決算=東京製鉄、JAFCO、光世
・7~9月期の中国国内総生産(GDP)
・欧州中央銀行(ECB)理事会
・8月のユーロ圏の経常収支
・9月の米景気先行指標総合指数
・米新規失業保険申請件数(週間)
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁がパネル討議参加
・エバンス・シカゴ連銀総裁講演
・海外7~9月期決算=スリーエム、AT&T、マクドナルド、メルク、アメリカン・エキスプレス、トラベラーズ、アマゾン・ドット・コム、UPS、ダウ・ケミカル、ブロードコム

株価材料

▽米国株続落、ダウ平均92ドル安 投資判断下げで金融株安い
▽NY原油、上昇 12月物は一時82.00ドル 連日で高値更新
▽国交相、JALへの公的支援を財務相に要請へ 週内にも、増資・債権放棄など(日経)
▽JALの発行体格付けを引き下げ、BBマイナスからBに R&I
▽JALホテルズ、JALへの筆頭株主の維持を要請へ(日経)
▽JALの10年3月期、赤字5000億円に拡大 人員削減などリストラ費用計上を前倒し処理(読売)
▽日本とカザフ、官民で希少金属の生産・販売を共同開発へ 住商や東芝は現地国営と合弁(日経)
▽伊藤忠、ユニーに出資 実質筆頭株主に、中国への出店で共同事業(日経)
▽ホンダの4~9月期、600億円前後の営業黒字に エコカー好調(日経)
▽東芝の4~9月期、10億~20億円程度の営業黒字に 半導体回復、原発も好調(日経)
▽「ウィンドウズ7」国内で発売 パソコン需要喚起に期待、家電店は販促に力(各社)
▽コニカミノルタ、LED照明に参入 来年度から量産、光源用ガラスレンズ(日経)
▽NEC、携帯端末で「クラウド」 10年秋メド、年間10~20万台を販売(日経)
▽日立と日本オラクルなど、サーバ仮想化で協業(日刊工業)
▽トヨタ、「ヴィッツ」8万台リコール 窓開け閉めで不具合(各社)
▽富士重、ハイブリッド車を世界展開 トヨタと電気自動車で提携(各社)
▽三菱自、EV増産 来年度7000台に 電池再利用も検討(日刊工業)
▽三洋電、海外で電池組み立て 12年にも開始検討、ハイブリッド車向け(日経)
▽小麦粉10%値下げ 製粉大手が11月下旬にも パン・めん類波及へ(日経)
▽車部品各社の7~9月期、黒字化相次ぐ エコカー減税で需要拡大(日経)
▽富士通ゼの4~9月期、2期連続で最高益の公算 原価低減が減収補う(日経)
▽テルモの4~9月期、一転増益に 主力のカテーテルが好調(日経)
▽ミクシィの4~9月期、純利益9億円 従来予想上回る、広告販売堅調(日経)

東証大引け

日経平均 10,333.39 -3.45 (-0.03%)
日経平均先物 10,330.00 0 (0%)
TOPIX 913.70 +0.25 (+0.03%)
JASDAQ平均 1,223.44 +0.01 (0%)
マザーズ指数 445.29 +4.38 (+0.99%)
ヘラクレス指数 586.34 -2.01 (-0.34%)

米ドル円  90.69   ユーロ円  135.39

東証前引け

日経平均 10,305.26 -31.58 (-0.31%)
日経平均先物 10,310.00 -20.00 (-0.19%)
TOPIX 910.01 -3.44 (-0.38%)
JASDAQ平均 1,221.78 -1.65 (-0.13%)
マザーズ指数 439.98 -0.93 (-0.21%)
ヘラクレス指数 585.42 -2.93 (-0.50%)

米ドル円  90.67  ユーロ円  135.22

SGX

SGXの日経平均先物12月物は10290円で寄り付いた。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り2040万株、買い2680万株で、差し引き640万株の買い越し。買い越しは5営業日連続。

きょうの強弱材料

強材料

・米ヤフー株、好決算受け時間外で堅調
・米サンディスク株、好決算受け時間外で大幅高
・9月の北米半導体BBレシオ、1.17倍に拡大
・NY金相場、小幅続伸
・NY債券市場、3日続伸(10年債利回り0.04%下落)
・バルチック海運指数、4日続伸
・日経平均、反発
・東証REIT指数、2日続伸

弱材料
・NYダウ、住宅指標受け反落
・9月の米住宅着工件数、予想から下振れ
・SOX指数、3日ぶり反落
・欧州株、反落
・LMEニッケル先物、反落
・DRAMスポット、反落
・長期金利、4日続伸(10年債利回り0.005%上昇)

留意事項
・NYドル円相場(90円75銭-77銭)
・NY原油先物、9日ぶり反落(12月物1バレル=79.12ドル)
・中国の09年自動車生産台数、日本抜き世界一観測
・パリバ、日証協が過怠金1億円
・英中銀金融政策委員会議事録
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・米国決算---モルガン、ボーイング、Wファーゴ、イーベイ

きょうの予定

21日の予定(時間は日本時間)ベージュブック、モルガン・スタンレー決算2009/10/21, 07:01, 日経速報ニュース, 275文字

・10月の主要銀行貸出動向アンケート調査(日銀、8:50)
・3カ月物国庫短期証券〔63回債〕入札(10:20)
・赤松農相が日本記者クラブで会見(12:00)
・宗岡鉄構連盟会長会見(13:30)
・藤井財務相会見
・古川内閣府副大臣会見
・西村日銀副総裁が神戸市で講演、会見
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・タルーロFRB理事講演
・米エネルギー省の石油在庫統計(週間)
・英中銀政策委員会議事録(7~8日開催分)
・海外7~9月期決算=ボーイング、イーベイ、コンチネンタル航空、モルガン・スタンレー、アメリカン航空、ウェルズ・ファーゴ、フィアット

株価材料

▽ダウ工業株30種平均は反落 9月の住宅着工件数が予想下回る
▽ニューヨーク原油先物相場は反落 高値警戒感から利益確定売り
▽9月の米半導体製造装置のBBレシオ、1.17倍に上昇 受注が19%増
▽JALに公的資金注入を検討 民間も出資、資本増強3000億円の見込み(各紙)
▽JAL再建策、年金一括払いで圧縮(読売)
▽米キャタピラー、世界の建機需要に「改善の兆しが見える」として2009年通期見通しを事実上、上方修正(日経)
▽金融庁、返済猶予法案の概要発表 虚偽開示に罰則(各紙)
▽中国、2009年の車生産1000万台突破 日本抜き世界一へ(各紙)
▽トヨタ、米の床マット問題車を自主改修へ(東京)
▽トヨタ、セダン型ハイブリッド車「SAI(サイ)」を12月に発売と発表(各紙)
▽トヨタ、韓国で「トヨタ」ブランド車を発売(各紙)
▽三洋電、トヨタ向け車用電池量産へ(朝日)
▽ヤマダ電やエディオンなど大手家電量販、小規模店舗の系列化加速(日経)
▽森永、ビスケットの新工場建設を再開(日経)
▽シークス、FDKの液晶部品事業を買収(日経)
▽タカラトミー、卸子会社2社を合併(日経)
▽タカラトミーの4~9月期、連結純利益82%増(日経)
▽パナ電工、空気清浄機が新型インフル抑制を確認(日経)
▽旭硝子、09年12月期の連結営業利益は600億円強の公算 従来予想上回る(日経)
▽ツムラの4~9月期、連結営業利益90億円前後の公算 従来予想上回る(日経)
▽住友電の10年3月期、連結営業利益300億円程度の公算 減益予想から一転増益に(日経)
▽日東電の4~9月期、連結純利益180億円に上方修正(日経)
▽IHIの4~9月期、連結営業利益は150億円前後の公算 従来予想上回る(日経)
▽三井金、4~9月期の連結最終損益15億円の黒字に 従来は49億円の赤字予想(日経)
▽東ガス・大ガス、4~9月期の連結最終損益を上方修正(日経)

東証大引け

日経平均  10,336.84 +100.33 (+0.98%)
日経平均先物   10,330.00 +80.00 (+0.78%)
TOPIX  913.45 +7.65 (+0.84%)
JASDAQ平均    1,223.43 +1.59 (+0.13%)
マザーズ指数   440.91 -1.55 (-0.35%)
ヘラクレス指数    588.35 +2.05 (+0.35%)


米ドル円  90.19  ユーロ円  135.00

東証前引け

日経平均 10,347.58 +111.07 (+1.09%)
日経平均先物 10,350.00 +100.00 (+0.98%)
TOPIX 914.68 +8.88 (+0.98%)
JASDAQ平均 1,223.42 +1.58 (+0.13%)
マザーズ指数    441.37 -1.09 (-0.25%)
ヘラクレス指数   588.80 +2.50 (+0.43%)

米ドル円 90.41 ユーロ円 135.47

SGX

SGXの日経平均先物12月物は10335円で寄り付いた。

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り1900万株、買い3570万株で、差し引き1670万株の大幅買い越し。買い越しは4営業日連続。

きょうの強弱材料

強材料

・NYダウ、反発
・米キャタピラー株、好決算期待から大幅高
・米アップル株、好決算受け時間外で大幅高
・米TI株、好決算受け時間外で堅調
・SOX指数、3日ぶり反発
・NY債券市場、2日続伸(10年債利回り0.03%下落)
・NY金相場、2日続伸
・欧州株、反発
・LMEニッケル先物、大幅反発
・バルチック海運指数、3日続伸
・DRAMスポット、反発
・東証REIT指数、小幅反発
・9月の粗鋼生産量、減少幅が6カ月連続縮小
・コマツ、上期の営業利益上振れ観測

弱材料
・日経平均、3日ぶり反落
・長期金利、3日続伸(10年債利回り0.010%上昇)
・東製鉄、鋼材全品種を値下げ
・決算発表控え見極めムード強い
・メガバンクの戻り鈍い、モラトリアム法案や増資懸念くすぶる

留意事項
・NYドル円相場(90円52銭-54銭)
・NY原油先物、8日続伸(1バレル=79.61ドル)
・新規国債の発行額、最大50兆円台に拡大観測
・日航、再建に「事業再生ADR」活用観測
・西川郵政社長、辞任観測
・9月のコンビニ売上高
・藤井財務相会見
・ゲーツ米国防長官来日(21日まで)
・9月の独生産者物価指数
・EU財務相会合(ルクセンブルク)
・9月の米生産者物価指数
・9月の米住宅着工及び着工許可件数
・9月の北米半導体製造装置BBレシオ
・米国決算---キャタピラー、ヤフー、サンディスク

フリーエリア

クリックで救える命がある。

プロフィール

サラ

Author:サラ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
QRコード
QR
リンク
* わけありお買い得品
* 現金1万円プレゼント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入り
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンクリックブログランキング

  • seo

  • SEO
  • loading
  • サラトニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。