スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東証大引け

日経平均        10,126.03 +24.07 (+0.24%)
日経平均先物     10,100.00 0 (0%)
TOPIX            894.10 +2.69 (+0.30%)
JASDAQ平均      1,211.05 +3.06 (+0.25%)
マザーズ指数        409.19 +5.83 (+1.45%)
ヘラクレス指数       570.19 -0.37 (-0.06%)

米ドル円  89.28   ユーロ円  121.39

スポンサーサイト

東証前引け

日経平均       10,144.88 +42.92 (+0.42%)
日経平均先物      10,140.00 +40.00 (+0.40%)
TOPIX                   894.62 +3.21 (+0.36%)
JASDAQ平均        1,209.65 +1.66 (+0.14%)
マザーズ指数            406.53 +3.17 (+0.79%)
ヘラクレス指数           571.16 +0.60 (+0.11%)

米ドル円   89.32  ユーロ円   121.31

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、
売り1980万株、買い1710万株、差し引き270万株の売り越し

きょうの強弱材料

強材料・NY金相場、4日ぶり反発・バルチック海運指数、反発・2月第3週の外国人、2週連続で買い越し・建機出荷16ヶ月ぶり増加・工作機械短観、受注見通しやや改善へ・外食売上高、3ヶ月ぶり前年上回る・東証マザーズ指数、4日続伸・東証REIT指数、反発弱材料・ギリシャなど欧州の財政不安・NYダウ反落、雇用情勢悪化懸念・NYドル円相場、円高進行(89円06銭-08銭)・米SOX指数、反落・欧州株反落、ユーロ圏成長は0.7%どまり・LMEニッケル先物、反落留意事項・NY原油先物、反落(1バレル=78.17ドル)・NY債券市場、反発(10年債利回り0.06%下落)・DRAMスポット、変わらず・長期金利、3日続落(10年債利回り0.020%下落)・第一三共、後発医薬品事業参入観測・消費者物価指数・1月の鉱工業生産指数・1月の自動車生産台数・1月の建設工事受注・決算---日航・10-12月期の印GDP・10-12月期の英GDP改定値・2月の独消費者物価指数・10-12月期の米GDP改定値・2月の米シカゴ購買部協会景気指数・1月の米中古住宅販売件数・1月の住宅着工戸数

きょうの予定

・1月の全国・2月の都区部消費者物価指数(CPI、総務省、8:30)
・1月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
・1月の商業販売統計速報(経産省、8:50)
・1月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
・1月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
・1月の建設工事受注(国交省、14:00)
・2月の中小企業景況調査(日本公庫、14:00)
・2月の為替介入実績(財務省、19:00)
・閣議
・4~12月期決算=日本航空
・2月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
・10~12月期の米実質国内総生産(GDP、改定値)
・2月の米シカゴ購買部協会景気指数
・1月の米中古住宅販売件数
・10~12月期のインドGDP
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事がパネル討議参加
・エバンス・シカゴ連銀総裁講演

きょうの予定

・1月の全国・2月の都区部消費者物価指数(CPI、総務省、8:30)
・1月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
・1月の商業販売統計速報(経産省、8:50)
・1月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
・1月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
・1月の建設工事受注(国交省、14:00)
・2月の中小企業景況調査(日本公庫、14:00)
・2月の為替介入実績(財務省、19:00)
・閣議
・4~12月期決算=日本航空
・2月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
・10~12月期の米実質国内総生産(GDP、改定値)
・2月の米シカゴ購買部協会景気指数
・1月の米中古住宅販売件数
・10~12月期のインドGDP
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事がパネル討議参加
・エバンス・シカゴ連銀総裁講演

株価材料

▽第一三共、国内で後発薬に参入 4月に新会社(日経)
▽25日の米国株、反落 新規失業保険申請件数が増加
▽ユーロ圏の10年GDP、0.7%成長どまりに 欧州委予測(日経)
▽タックスヘイブン巡り100カ国・地域調査へ 国際的な脱税監視(日経)
▽トヨタ社長、米運輸長官と会談(各紙)
▽野村、初のドル建て社債 最大で2700億円、日米欧で資金調達(日経)
▽三菱UFJ、永易氏の社長昇格を正式発表(各紙)
▽みずほ証、ブラジル向けM&A助言で現地投資銀と提携(日経)
▽アプラス、優先株買い戻し 300億円上限に(日経)
▽大和やSBIの投資ファンド、アジア企業対象が続々(日経)
▽NECの中期経営計画、12年度に純利益1000億円目標(各紙)
▽NTTドコモ、接続料値下げ(朝日)
▽三洋電、物流子会社を売却方針 パナソニックと重複解消(日経)
▽セブン&アイ、10年2月期の営業益2割減に コンビニなど苦戦(日経)
▽出光興産と昭和シェル、ガソリン卸価格5週間ぶり上げ(日経)
▽建機出荷、1月に16カ月ぶり増加 アジア向け好調で15%増(日経)
▽東レと日立プラ、海水の水処理事業で連携(日経)
▽富士電HD、環境・エネルギーに560億円投資(日経)
▽KDDI、国際電話取り次ぎを継続 総務相ら要望で転換(日経)
▽KDDI、JCOMに取締役3人を派遣へ(各紙)
▽三井ハイテク、電気自動車用部品を日産自にも供給(日経)
▽世界の新車販売、10年は4.1%増の6130万台に 米調査会社予測(日経)
▽マルハニチロ、水産物の自前調達拡大(日経)
▽イズミヤ、全店の6割改装 専門店誘致で立て直し(日経)
▽パソコン部品、上昇頭打ち 2月後半のDRAM価格横ばい(日経)
▽ABCマート、10年2月期の経常益25%増へ 6期連続過去最高(日経)
▽アルバックの中国事業、10年6月期は売上高65%増に(日経)
▽東映アニメ、今期純利益2.4倍に 興行など好調(日経)
▽住軽金、今期最終赤字62億円に 従来より赤字幅拡大(日経)
▽ソネット、今期経常益10%減に下方修正(日経)
▽ザッパラス、10年4月期の純利益1%増に下方修正(日経)

東証前引け

日経平均      10,179.79 -19.04 (-0.19%)
日経平均先物   10,180.00 -20.00 (-0.20%)
TOPIX                 895.49 -0.20 (-0.02%)
JASDAQ平均      1,208.63 +9.47 (+0.79%)
マザーズ指数         405.10 +1.78 (+0.44%)
ヘラクレス指数        571.89 -0.86 (-0.15%)

米ドル円 89.77  米ドル円 89.77

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、売り1910万株、買い2130万株、差し引き220万株の買い越し

SGX

SGXの日経平均先物3月物は10235円で寄り付いた

きょうの強弱材料

強材料

・NYダウ上昇、FRB議長「超低金利政策を長期間維持」
・米SOX指数、3日ぶり反発
・欧州株、反発
・LMEニッケル先物、3日ぶり反発
・信用評価損益率、3週連続で改善

弱材料

・1月の米新築住宅販売件数、過去最低水準
・NY金相場、3日続落
・バルチック海運指数、7日ぶり反落
・DRAMスポット、2日続落
・東証REIT指数、4日ぶり反落

留意事項

・米GE、日本のスマートグリッド市場に参入観測
・NYドル円相場(90円14銭-16銭)
・NY原油先物、反発(1バレル=80.00ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.01%上昇)
・長期金利、2日続落(10年債利回り0.015%下落)
・裁定買い残、4週ぶり増加
・新日鉄、1年半ぶりの鋼板値上げ観測
・2月の独失業率
・2月のユーロ圏景況感指数
・1月の米耐久財受注
・12月の米FHFA住宅価格指数
・バーナンキ米FRB議長、上院で証言

今日の株価材料

▽米国株3日ぶり反発 ダウ平均91ドル高 バーナンキ議長証言を好感
▽次世代送電網、米GEが日本参入 専用電力計で富士電機と合弁(日経)
▽安全対策検証に第三者 トヨタ社長、米公聴会で証言(日経)
▽トヨタ社長、公聴会出席「不正、絶対にない」(日経)
▽主要国の金融当局、金融大手に事業売却計画求める 危機対応策(日経)
▽米低金利 長期間に FRB議長「民需回復は緩やか」(日経)
▽新日鉄、鋼板値上げ 4月から2割 原料高で1年半ぶり(日経)
▽ウィルコム支援、機構が決定先送り(日経、朝日)
▽野村不HD、国内初の未公開REIT 安定運用ニーズ狙う(日経)
▽東京センチュリーリース、IHI子会社の株式50%超取得(日経)
▽ユーロ売り圧力高まる 欧州主要国 投機規制強化の声も(日経)
▽米新築住宅販売11.2%減 1月 最低水準、予想下回る(日経)
▽住生活G、建材販売店を全国展開 リフォーム需要開拓(日経)
▽日鉱金属、事務機から希少金属 コピー機など、回収網構築(日経)
▽アステラス、抗真菌剤の権利取得 全世界で開発・販売 スイス社から(日経)
▽キヤノンMJ、ITサービス再編(日経)
▽伊藤忠、シンガポール社に出資(日経)
▽ファミリーMやヤフーなど、サイト競売品を連携配送(日経)
▽エルピーダ、台湾子会社を上場へ(日経)
▽洋インキの営業益「来期130億円達成」 社長、新興国を開拓(日経)
▽ニプロ、CBを発行 最大150億円 7年ぶり(日経)
▽楽天など消費関連サイト7社、今年度全社が営業増益(日経)
▽スピンドル、今期無配に(日経)
▽三井倉、海外事業の黒字確保 今期 北米向け家電が好調(日経)
▽ステンレス再編認めず 公取委、新日鉄に通知 カルテル警戒(朝日)
▽富士電HD傘下の富士電機デバイス、HDD用記憶媒体 マレーシアで増産(日刊工業)
▽リニア新幹線計画諮問 国交相 交通審、ルート選定へ(東京)

東証大引け

日経平均           10,198.83 -153.27 (-1.48%)
日経平均先物     10,200.00 -150.00 (-1.45%)
TOPIX                  895.69 -11.68 (-1.29%)
JASDAQ平均       1,199.16 -0.87 (-0.07%)
マザーズ指数           403.32 +2.71 (+0.68%)
ヘラクレス指数         572.75 +3.68 (+0.65%)

米ドル円   90.22   ユーロ円  122.21

東証前引け

日経平均         10,163.28 -188.82 (-1.82%)
日経平均先物    10,170.00 -180.00 (-1.74%)
TOPIX                 892.87 -14.50 (-1.60%)
JASDAQ平均      1,197.84 -2.19 (-0.18%)
マザーズ指数         403.19 +2.58 (+0.64%)
ヘラクレス指数        571.06 +1.99 (+0.35%)

米ドル円 90.21  ユーロ円 122.15

SGX

SGXの日経平均先物3月物は10205円で寄り付いた

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、
売り2470万株、買い2070万株、差し引き400万株の売り越し

きょうの強弱材料

強材料

・政府、先進国向け投資支援
・バルチック海運指数、6日続伸
・ネット関連など中小型株の商い活発
・東証REIT指数、3日続伸


弱材料

・NYドル円相場、円高進行(90円21銭-23銭)
・NYダウ、経済指標の悪化で2日続落
・2月の米消費者信頼感指数、昨年4月以来の低水準
・米SOX指数、2日続落
・NY金相場、2日続落
・欧州株、続落
・LMEニッケル先物、2日続落
・DRAMスポット、反落
・日経平均、反落

留意事項

・米下院監視政府改革委が公聴会開催、豊田社長出席予定
・NY原油先物、6日ぶり反落(1バレル=78.86ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.11%下落)
・長期金利、3日ぶり反落(10年債利回り0.010%下落)
・信用買い残、2週連続で減少
・1月の貿易統計
・3月の独GFK消費者信頼感指数
・12月のユーロ圏鉱工業受注
・1月の米新築住宅販売件数
・バーナンキ米FRB議長、下院で証言

きょうの予定

・1月の貿易統計(財務省、8:50)
・1月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
・3カ月物国庫短期証券〔90回債〕入札(10:20)
・中小企業月次景況観測(商工中金、14:00)
・山口日銀副総裁が鹿児島市で講演、記者会見
・米下院監視・政府改革委員会がトヨタ問題で公聴会、豊田社長が出席予定
・バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が米下院で議会証言
・1月の米新築住宅販売件数
・米エネルギー省の石油在庫統計(週間)
・米5年物国債入札
・10~12月期の香港域内総生産
・海外11~1月期決算=トール・ブラザーズ

株価材料

▽23日の米ダウ平均は大幅続落、消費者信頼感指数の悪化を嫌気
▽トヨタ、米公聴会始まる「電子制御問題ない」 苦情対応の遅れは陳謝(各紙)
▽国際協力銀、先進国向け投資支援 インフラ輸出後押し(日経)
▽食品・日用品値下がり続く、10~1月の60品目調査(日経)
▽住友信、中国の信託会社に出資 邦銀初の経営参画(日経)
▽住友化やクラレなど液晶用フィルム増産、新興国の需要増に対応(日経)
▽住友化の中期計画、12年度に経常益2200億円(各紙)
▽スズキ印子会社が10万台リコール、燃料タンクに不具合(各紙)
▽太平洋セメ、9月末までに国内3工場生産中止(各紙)
▽JFE、鋼材輸出価格上げを日系電機メーカーに要請 4~6月に2~3割(日経)
▽JEF社長に馬田氏(日経)
▽アサヒ泉谷次期社長「M&Aアジア重視」世界10位内目標(日経)
▽イオン「ワオン」がセブン&アイ「ナナコ」抜く、1月の電子マネー決済(日経)
▽日通、ネット通販の中国進出を支援 業務を一括請け負い(日経)
▽ニトリ、400品目を平均21%上げ(各紙)
▽昭和シェルの10年12月期、15期ぶり減配 内部留保を優先(各紙)
▽米ムーディーズ、プロミスとアコムを格下げ(各紙)
▽パイオニア、増資最大323億円 三菱グループ向け1株332円(各紙)
▽大日印、稼ぎ頭が交代 今期営業益で包装・フィルムが印刷上回る(日経)
▽住友不の10年3月期、リフォーム好調 営業益上振れも(日経)
▽ゼンショー小川社長「来期も経常増益に」コスト削減で値下げ吸収(日経)
▽菱洋エレクの10年1月期、最終黒字3億2000万円 販売管理費削減(日経)
▽綜研化学の10年3月期、最終黒字11億5000万円 粘着剤の販売伸びる(日経)
▽クラボウの10年3月期、最終黒字43億円 工場跡地の売却益計上(日経)
▽三洋電がリコールを実施したブラウン管テレビ、落下事故多発(各紙)

東証大引け

日経平均      10,352.10 -48.37 (-0.47%)
日経平均先物 10,350.00 -20.00 (-0.19%)
TOPIX              907.37 -2.38 (-0.26%)
JASDAQ平均   1,200.03 +8.51 (+0.71%)
マザーズ指数       400.61 +2.47 (+0.62%)
ヘラクレス指数      569.07 +6.97 (+1.24%)

米ドル円   91.09  ユーロ円  124.10

東証前引け

日経平均           10,280.33 -120.14 (-1.16%)
日経平均先物     10,280.00 -90.00 (-0.87%)
TOPIX                 900.91 -8.84 (-0.97%)
JASDAQ平均     1,196.18 +4.66 (+0.39%)
マザーズ指数        399.10 +0.96 (+0.24%)
ヘラクレス指数      566.20 +4.10 (+0.73%)


米ドル  円 91.09  ユーロ円   123.78

SGX

SGXの日経平均先物3月物は10355円で寄り付いた

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、
売り1460万株、買い1610万株、差し引き150万株の買い越し

きょうの強弱材料

・日銀政策委・金融政策決定会合議事要旨(1月25~26日分、8:50)
・日銀営業毎旬報告(10:00)
・20年物国債〔2月債〕入札(10:30)
・永易全銀協会長会見(15:00)
・閣議
・2月の月例経済報告
・1月の自動車5社の生産・販売実績
・米下院エネルギー・商業委員会、トヨタ問題で公聴会
・ブラード・セントルイス連銀総裁講演
・2月の独Ifo企業景況感指数
・12月の米S&P/ケース・シラー住宅価格指数
・2月の米消費者信頼感指数
・香港の1月の消費者物価指数
・国際ショッピングセンター協会(ICSC)・ゴールドマン・サックス・チェーンストア売上高(週間)
・米2年物国債入札
・海外11~1月期決算=ホーム・デポ、メーシーズ、ターゲット
・海外10~12月期決算=オフィス・デポ

きょうの予定

・日銀政策委・金融政策決定会合議事要旨(1月25~26日分、8:50)
・日銀営業毎旬報告(10:00)
・20年物国債〔2月債〕入札(10:30)
・永易全銀協会長会見(15:00)
・閣議
・2月の月例経済報告
・1月の自動車5社の生産・販売実績
・米下院エネルギー・商業委員会、トヨタ問題で公聴会
・ブラード・セントルイス連銀総裁講演
・2月の独Ifo企業景況感指数
・12月の米S&P/ケース・シラー住宅価格指数
・2月の米消費者信頼感指数
・香港の1月の消費者物価指数
・国際ショッピングセンター協会(ICSC)・ゴールドマン・サックス・チェーンストア売上高(週間)
・米2年物国債入札
・海外11~1月期決算=ホーム・デポ、メーシーズ、ターゲット
・海外10~12月期決算=オフィス・デポ

株価材料

▽米国株、ダウ平均18ドル安 利益確定売りで、ナスダックは1ポイント安
▽トヨタに書類要求 米連邦大陪審とSEC、リコール問題で(各紙)
▽亀井金融相、ペイオフ上限額上げ断念(各紙)
▽米倉・経団連次期会長「政府と対話進める」 政策提言に注力(各紙)
▽第一生命、東証が上場承認 株主150万人、NTT抜き最多に(各紙)
▽ウィルコム向け債権、金融機関995億円 最大8割カットへ(日経)
▽BHPビリトン、鉄鋼原料炭55%値上げ提示 日本側は拒否(日経)
▽ソニー、「ミラーレス」一眼カメラを年内に投入 小型・軽量、独自規格で(日経)
▽スティール、サッポロHDに役員選任案 委任状勧誘へ(日経)
▽次世代送電網、地域限定で電力自給 TDKなど秋田で来月実証実験(日経)
▽ダイキン、中国の家庭用エアコン取扱店4000店に 普及機需要増に対応(日経)
▽Jパワー、3風力発電会社買収 豊田通商から(各紙)
▽ホンダ社長、研究所社長兼務を解消 商品戦略など改革メド(日経)
▽ベネッセHD、中堅老人ホーム買収 低価格帯施設を取り込む(日経)
▽ロイヤルHD、英国風居酒屋「ハブ」の筆頭株主に
▽2009年の広告費、ネットが新聞抜く テレビに次ぐ2位、総額11%減の5.9兆円(各紙)
▽1月のスーパー売上高、4.9%減 コンビニは5.3%減、客単価が下落(各紙)
▽良品計画の10年2月期、営業利益19%減のもよう 値引き販売が利益圧迫(日経)
▽東レの10年3月期、営業赤字40億円のもよう 予想よりは縮小(日経)
▽不二サッシの10年3月期、最終赤字23億円に(日経)
▽ニフコの10年3月期、年30円配のもよう 業績上方修正で上積み(日経)
▽オービックの10年3月期、30円増配 配当性向31.5%に上昇(日経)
▽パナソニック、三洋電の無形固定資産4500億円を10年で償却(日経)
▽日揮、10年3月期末の受注残1兆円超に 新興国向け拡大(日経)
▽三井金社長、11年3月期の組み立て加工部門「営業利益50億円に改善」(日経)
▽太陽電、買収防衛策を継続せず 株主価値の向上に自信(日経)
▽東京製鉄、全15品種値上げ 2カ月連続、原料高転嫁(各紙)

東証大引け

日経平均             10,400.47 +276.89 (+2.74%)
日経平均先物       10,370.00 +230.00 (+2.27%)
TOPIX                    909.75 +20.67 (+2.32%)
JASDAQ平均         1,191.52 -4.03 (-0.34%)
マザーズ指数            398.14 +4.91 (+1.25%)
ヘラクレス指数           562.10 +5.75 (+1.03%)

米ドル円 91.68  ユーロ円 124.96

東証前引け

日経平均         10,443.59 +320.01 (+3.16%)
日経平均先物       10,440.00 +300.00 (+2.96%)
TOPIX                       914.05 +24.97 (+2.81%)
JASDAQ平均           1,198.55 +3.00 (+0.25%)
マザーズ指数               398.25 +5.02 (+1.28%)
ヘラクレス指数              562.20 +5.85 (+1.05%)

米ドル円 91.66  ユーロ円 125.08

SGX

SGXの日経平均先物3月物は10295円で寄り付いた

外資系の注文動向

寄り付き前の外資系の注文動向は、
売り760万株、買い1490万株、差し引き730万株の買い越し

フリーエリア

クリックで救える命がある。

プロフィール

サラ

Author:サラ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
QRコード
QR
リンク
* わけありお買い得品
* 現金1万円プレゼント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入り
My Yahoo!に追加
Add to Google
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンクリックブログランキング

  • seo

  • SEO
  • loading
  • サラトニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。